オンライン麻雀戦術・牌譜検討&雑記ブログ

オンライン麻雀(天鳳など)の戦術を記したり、牌譜に関して様々なアプローチで検討します。しかし、最近は雑記がメインだったりします。来る者拒まず去る者追わずが信条のブログです。 
楽天市場内の麻雀商品 Yahoo!ショッピング内の麻雀商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼打ちをしてまた一つ麻雀を知る 2 (実力に関する自己満足(充足)のための記事)とその後の思考経過

今月、私は所持している二つのIDを合わせて270試合近く麻雀を打ってきましたが、なぜ今までさほど鬼打ちしなかったのに今月こんなに多くの試合数を打ったのかというと、私の人生の中でも上手くなるためにぼちぼち時間を掛けてきたこの麻雀というゲームにおいて、ネット麻雀の中でも強者が多く集う天鳳の特上卓の中で結局どれぐらい通用するのかという事が解決していなかったからです。

そして、今月の色々試したり雑に打ったり集中して打ったりの200試合以上とそして過去半年特上卓で打ったり牌譜に関する様々な事を検討してきた経験から考慮して、今の実力で本当に集中して自分が正解だと思う打牌を実戦中にも打ち続ければ、天鳳特上卓東風戦において平均順位2,4を切る事は恐らくそんなに難しくないと思います(*1)。

もっとも他人の成績云々何てどうでもいいという人が大半なのは理解していますが、仮に他人の成績に執着する人がいたとして当人がこんな事を言ってもその意見には主観が大きく混じっているので信じ難いものですから、こういった場合は客観的なデータを示す事が必要でしょう。しかしながら、麻雀において客観的なデータを提示するには2000試合近く必要(*2)とも言われていますので、結局集中して2000試合打つには数ヶ月と言う月日が必要になります。そして、数ヶ月後にも天鳳を続けているかどうかというのは、人間には様々な事情があって分からないものです。

表題に自己満足(充足)と書きましたのは、こうして文章にして出さないと客観的なデータを出そうとしてあまり集中していない時に打ってしまうので、そういった鬼打ち防止のための自己満足(充足)的な文章として、要するにR2100や八段ぐらい到達していないと多くの人が実力を認める事が出来ない中、こうして文章にして自分の実力ぐらい自分で認めて打たないと焦りの打牌をしてしまうんだよ!という事です(もっとも個人的に麻雀は認められたいという欲よりも自己満足を充足するためのゲームだと思いますが)。ただし、これが行き過ぎると慢心が起こって適当に打てしまいますがそういった事にはつい先日懲りたので当分起こらないと思います(多分(; ・`д・´))。そして、ここで書いた事が口だけにならないように自分にプレッシャー(縛り)を与えるという意味合いも含まれます(*3)。

*1:実は、私に限らず集中して打てば特上卓東風戦において平均順位2,4を切れる人は結構いるんじゃないかとも思います。
*2:平均順位の偏りと信頼できる実力評価より
*3:こうして文章を書いているけれど、やっぱりデータとして残っていない事を100%そうだと言い切れるかというとそこまで傲慢な性格でもないので、たまにこの文章を自分で見返しにくる意味合いもあります。

*補記:集中出来ていない時に打つのも含めて実力と言われれば、それもまた間違っていないでしょう。完璧に集中して試合数を相当数こなすのはかなり難解な事ですし、麻雀の実力はそういったメンタル的な部分が占める割合も大きいものですから、過去私が残してきた成績も間違いなく実力の内です。しかしながら、そのメンタル面を調整するために何か努力するという事は色々と出来ます。ですから、こうして文章を書き残すことによって上記の通りそういったメンタルを調整するための役割を担わせる目的もあります。
あと、技術的な点でももちろん何点か見落としている所があるのでしょうけど、それを模索しつつ集中して打ちつつだとそれこそ年単位になってしまう気がするので、そちらの点も完璧にしようとするかどうかという話は不確実な未来の自分に委ねる事にします。

結論
ブログでうだうだ言ってないで、まずストイックに結果を出せという事ですね。全く持ってその通りです。

*追記:やっぱり、こんな事書いてプレッシャー掛けたら成績を変に意識して楽しく打てなくなるわ!麻雀は所詮娯楽と割り切って「天鳳特上東風平均順位2,5も切る事が出来ない鉄板雑魚です~」とか言いながらのんびり打ったほうが余程気楽に楽しく長く続けられる気もするけど、まぁこの記事は思考の経過として消す事は無いでしょう。

という様な事を何か色々考えてたら、あんまり麻雀の腕は上手くないけど楽しく仲間内でやっている人達や一度上手いと評価されて気楽に打てなくなってしまった人達の心境なんかを想起してまた少し色んな考え方を理解できたような気がした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahjang3.blog19.fc2.com/tb.php/76-a53bcdcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。