オンライン麻雀戦術・牌譜検討&雑記ブログ

オンライン麻雀(天鳳など)の戦術を記したり、牌譜に関して様々なアプローチで検討します。しかし、最近は雑記がメインだったりします。来る者拒まず去る者追わずが信条のブログです。 
楽天市場内の麻雀商品 Yahoo!ショッピング内の麻雀商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東風戦牌譜解析 12月度 & 平均順位重視の数値目標

an12.png

主要データ

対戦数:94戦
和了率:24,0% 放縦率:11,1% リーチ率:22,1% 2副露率:18,1% 1副露率:38,9%
一位率:23,4% 二位率:27,7% 三位率:29,8% 四位率:19,1%
平均順位:2,447位 局あたり全収支:175,191点


先月つまり2008年の12月は、対戦数94戦の内の前半40試合ぐらいは今迄通りのラス回避麻雀で打ち、後半の50試合ぐらいはより平均順位重視の打ち方に変えつつ鬼打ちという内訳で、この牌譜解析結果自体に何かよほど筋が通っていて取り上げるべき数値という物は無いので、この記事では個人的に今後平均順位を重視する際に意識しておきたい簡単な数値目標を書いておこうと思います。

今迄のラス回避麻雀から平均順位重視麻雀に変更する際のポイントは、特に多少ラスを引きそうだったり最終的にラスに近付く放縦をしそうな局や場面においても、特に局数が少ない東風戦というルールにおいては出来るだけ早く高く仕上げてぎりぎりまで押すという事がより重要になってきます。

そこで、そういった平均順位重視的な打ち方に近付くための少し厳し目の目標数値として個人的には、

和了率:25,0% 放縦率:12,0% リーチ率:20,0% 1副露率:40,0% 平均順位:2,380位


ぐらいには持っていきたいなと思います。

先月後半からの打ち方変更後はまだ試合数が少ないとはいえ粗方この数値目標はクリアしているのですが、これらの数値の中でも個人的に特にこだわりたいのは「和了率」です。今迄、守備重視・立直重視・副露重視辺りの打ち方はぼちぼちな試合数打ってきましたが、和了率自体を重視させた事はそれ程無かった気がします。というのも和了は立直や副露の延長にあるもので、また和了率を犠牲にしてまでも放縦率を悪化させたら元も子もないと思ってきたのでもう一歩和了のために踏み込んで考えてこなかったからでしょう。しかし、和了というもの自体にもう一つ拘る行為にまだ自分の麻雀観が広がる余地があるような気がします。

という事でラス回避麻雀もだいぶコツを掴んだので、上記のように今年は麻雀の原点と思われるものに戻って、ぎりぎりまで攻め手を尽くしながらも放縦しそうなところでさっと引く、和了重視かつ平均順位重視麻雀でしばらくやっていこうと思います。
(成績の指標となるRや段は数値がしっかりしてくればその内ついてくるでしょう!)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahjang3.blog19.fc2.com/tb.php/62-f14c5096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。