オンライン麻雀戦術・牌譜検討&雑記ブログ

オンライン麻雀(天鳳など)の戦術を記したり、牌譜に関して様々なアプローチで検討します。しかし、最近は雑記がメインだったりします。来る者拒まず去る者追わずが信条のブログです。 
楽天市場内の麻雀商品 Yahoo!ショッピング内の麻雀商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動経済学と合理的・感情的人間と麻雀の打牌選択

ネマー日記のまぁじゃんは人生(29)とそのリンク先の01さんの記事のギャンブル的側面30~を見掛けて、そういえば以前に行動経済学の考え方が麻雀に応用出来そうだなぁ、と考えた事があるのをふと思い出した。

行動経済学というのは簡単に説明すると、今までの伝統的な経済学が合理的で利己的な人間(自らの効用が最大になるように行動する)を出発点に理論を構築していたものを、心理学の知見を加えてより現実に存在する限定合理的で感情的な人間に沿った理論を構築しようとする経済学の一分野のことであります。

その中の理論の一つに「プロスペクト理論」と言うものが有って、これも簡単に説明すると人間が何か利得を得ようとする際にはリスクを回避するように行動して、何か損失が発生しそうな場合にはリスクを追求してでも防ごうとするという心理的要因や人間は現在所持している基準点に拘って判断してしまう(フレーミング効果)という効果などを研究して構築した理論の事です。もうこれだけ聞いただけで、普段から心理的な事についてあれこれ考えている人にとっては麻雀に応用出来そうだなと思うかもしれません。

こういった便利な学問が有る際に、研究者が率先して麻雀に応用して深く研究してくれれば良いのですが、いかんせん「お金」になりそうにないですから、そうしないのは人生のリスク回避的に言ってもしょうがないのかもしれません。こういう事を書いたらじゃあお前がやれと言う感じですが、まだまだ専門的な知識が足りないのが現状ですね。あと研究者じゃないですし。

そう言えば以前「型」について言及(既存の「型」に嵌ってしまうという失敗)した際に書き忘れていましたが、結局ある程度完成された「型」が出来ても、人間なんて直感やら最近の記憶やら自分が信頼しているある人が言っていた事というバイアス(偏見)に頼ってしまって全然合理的な選択をしないですから結局その通りに打てる人なんて殆どいやしないのよね。

もっともこのバイアス(偏見)と言うものは、何か起こった際に人間が瞬時に判断する際の基準となるものですから、物凄く悪いものかと言われるとそうでもありません。ただし、人が生きていく中で常にこのバイアスと現実との誤差を修正していくという作業をするのは必要な事です。

という訳で、長期的に天鳳R2100を超えてる人はかなりハイレベルに誤ったヒューリスティクス(簡便法)やバイアス(偏見)に囚われずに麻雀における合理的な打牌選択をしているんだろうなと思われます。とはいえ、現実の生活で起こる選択と、麻雀内で起こる選択は比べるまでもなく大きな差がありますから、麻雀の打牌選択でミスりまくっている人が現実の生活における選択でしっかりと判断できているかと問われるとどうなんでしょうね(笑)ちょっと研究してみるのも面白いかもしれません。(それぞれのやっている際の真剣度が違うと言う要因ぐらいは誰でも思いつきますが。)

(補記)
1、こういう学問的な事を麻雀に取り入れたコラムはネマー日記EXPO-01が粗方取り上げてるっぽいです。
2、あと01さんの記事内で見つけたのだけれども、さくらこさんがギャンブルと関連して少しこの理論について記述しています→ギャンブルの本質
3、ちなみに行動経済学の本では、行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)が面白いよ!というか今ちょろっと読み返したら、やっぱり麻雀に応用出来そうだなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahjang3.blog19.fc2.com/tb.php/54-75d0817f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。