オンライン麻雀戦術・牌譜検討&雑記ブログ

オンライン麻雀(天鳳など)の戦術を記したり、牌譜に関して様々なアプローチで検討します。しかし、最近は雑記がメインだったりします。来る者拒まず去る者追わずが信条のブログです。 
楽天市場内の麻雀商品 Yahoo!ショッピング内の麻雀商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既存の「型」に嵌ってしまうという失敗

麻雀の打ち方においてはある世代で広まっている一種の「型」というものがあります。例えば、昭和麻雀で言えば両面待ちになるまで待つのが良いだとか簡単に降りずに回し打つのが良いとかであって、最近の麻雀で言えば聴牌すれば即立直が良いだとか相手が聴牌すればべた降りしてしまうのが良いとかそういった「流行」やもっと言えば「信仰」とも言えるものです(*1)。(最近そういった「型」的な戦術は読んでいないからちょっと違うかも)

しかし、実際トップクラスの打ち手の打ち方を牌譜にしろ観戦にしろ見てみると、「変な打ち方をしているな」と思う事も少なくないでしょう。つまり、彼らは現在流布している既存の「型」に嵌らずに、自分なりの打ち方を考え抜いて既存の「型」の欠点を克服しているわけです(*2)。

不肖私の牌譜解析の結果も安定Rつまり世間的に言われている実力は平凡なれど、いくつかの数値(素点や順位率など)では「型」に嵌っている人の牌譜解析の数値とは大きく異なっている数値があります。これはつまり私は基本的な戦術を読み終えた後に、自分なりにどういう打ち方が面白いのかという事を考えて打っているからです。(まだまだ改善の余地は大有りですけど。)

さて私の話は置いておいて、結局のところ既存の「型」ではまだ捉えられていない部分というのが麻雀の打ち方においても数多く存在します。つまり、一般的に言われている範囲通りに実行しているようではまだまだ本当の麻雀打ち足りえないという事です。

もちろん、他人の戦術を読んだり、自分の迷った打牌を晒して他者の意見を求めるのも大事ですが、しかしもし人の意見ばかりに頼っているというのならば、その意見を取り入れつつ自分なりの打ち方を深く考える時期かもしれませんよ?(そしてまた意見を取り入れつつ、自分で考えつつの繰り返しですね。この過程が楽しい人はどんどん麻雀が上達していき、楽しく無い人は麻雀を途中で放棄してしまうか又は、自分の打ち方を省みないで同じ実力で打ち続けしまうのでしょう。)

*1 もっとも最近の戦術は昭和的な戦術と違って、数理的・統計的な根拠が多少は含まれるわけですが。
*2 最近では、すでにはっきり研究されている範囲でもきっちり期待値的に得と思われる方で打つ事でもトップクラスになれるのかな。というか、「型」通りに打てばトップクラスになる時代ももう目前?しかし、全員が「型」通り打つならその「型」を出し抜けるように考えて打つ人が勝つわけだから、結局考えて打つ人が勝つのか。というか、不完全情報ゲームに「型」としての終着点は有りそうだけど、それを出し抜く終着点ってあるのかな。いやしかし、出し抜くという行為はそもそも長期的に見れば損なのか。まぁ、その辺は専門家に任せときましょうか(^ー^;)
しかし、ある局を期待値通りきっちり打つという事と、順位効率を目指して打つという事やラス回避などのある順位に特化して打つという事はまた違う話ですけどね。

(追記)
おっと、あとルールによっても戦術が違うという観点が抜けてたわ。

(編集後記)
個人的には、こういうコラム的な記事を福地さんにブログでやってもらいたいなぁと思いますが、もっとも本業でやってる事でしょうし、こういう記事より天鳳について楽しく書いた記事のほうが人が集まるでしょうから、しょうがないかという気もしなくはないのですが。

そりゃあ、もちろん福地さんのブログの主たる読者層が天鳳住人でしょうから、天鳳についての記事を書いた方が一時的に読者は増えるでしょう。しかし、もう少し範囲を広げた麻雀一般の事についてや教育についての記事を書いた方が、天鳳住人より多いそれ以外の読者層が増えて長期的に見たらそちらの方が良い気がしますが、まぁ本人が楽しくてそれで良いと思ってるなら私の口出しは全く持って無用だからこんな片隅に書いておくんだ(´ー`)

コメント

建設的なことには熱意ないので!(≧∇≦)

こっちの片隅に書いてたのも見つかってしまいましたか(/▽\)

福地先生の人間性はブログに出ている範囲なら分かっていますよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahjang3.blog19.fc2.com/tb.php/41-84897c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。