オンライン麻雀戦術・牌譜検討&雑記ブログ

オンライン麻雀(天鳳など)の戦術を記したり、牌譜に関して様々なアプローチで検討します。しかし、最近は雑記がメインだったりします。来る者拒まず去る者追わずが信条のブログです。 
楽天市場内の麻雀商品 Yahoo!ショッピング内の麻雀商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牌譜検討(他戦) 2

牌譜検討第四回目は前回の続きで、とつげき東北氏・木原浩一プロ・理想雀士氏・茶柱立樹氏が参加した第1回公開対局二回戦の牌譜(クリックすると見れます)から。

東1局

5順目 Bさん
ここはを残して一枚切れの打かな。

9順目 Dさん
Bさんが3副露していて、対々和か混一色か分からないがどちらかで聴牌している気配。それに加えて親の立直にも当たらない牌を切らないといけない場面。

同順にがBさんから捨てられたので三枚見えで筋のか、親の立直後捨て牌(が立直宣言牌)の筋辺りを切りたいところ。

仮にBさんが混一色のみの手ならでも良いが、ここは私は素直に切りで良いのではないかと思う。もしかしたらを立直宣言牌と勘違いしたのかもしれないが、もしそうだとしても二順前のが自模切りなので少なくとも嵌張待ちは有り得ない。


東2局

7順目 Cさん
のみの手で突っ張りたくないので、下りるために一枚通れば少なくとも二順安全な打

9順目 Dさん
こちらも安牌が無いので、2順回す事が出来てさらに攻めにも向かえる打


東2局 1本場

3順目 Dさん


つづく

スポンサーサイト

牌譜検討(他戦) 1

牌譜検討第三回目はとつげき東北氏・木原浩一プロ・理想雀士氏・茶柱立樹氏が参加した第1回公開対局一回戦の牌譜(クリックすると見れます)から。

東1局

2順目 Bさん
同種の1と4を持っている場合に1を早く捨てるのはセオリーだが、この手の場合面子が平和気味で役牌を使いそうに無いので、他家(特に親)が重ねる前にを早めに切ったと思われる。


東2局

6順目 Dさん
平和のみにしか成りそうになく、また二度受けの形が残っている二向聴で安くて遅そうなので、危険牌を残さずに両面固定する打


東3局

4順目 Cさん
親でもあるので、単純に最速聴牌を目指すなら自模切りの打で良いが、この場面では234の三色を見て取り敢えず嵌張残しの打もありか。


東3局 1本場

5順目 Cさん
トップ目で和了も遠そうなので、この局はあまり無理をしないで降り気味に打つ方針からの打


東4局

7順目 私さん
2位を狙うには満貫自模和了かDさんに5200点以上を直撃しないといけない。その条件のためにはこのを持ってきた時点で678の三色を狙うのが一番近そうである。そうした意図からの打

また、オーラスを三位で迎えたときは4位に落ちないように気をつけねばならないが、この場面では4位と8100点差があり、自分の手の進み具合とDさんの河を考慮すると、捲くられる可能性は2位になる可能性と同等か多少低いぐらいなので、ある程度の順目までは2位を狙って手を進めたいところだ。

10順目 Cさん
Bさんになら満貫まで放縦しても良いので、親のほとんどダブ東の仕掛けにだけは気をつけて打ちたい。

天鳳麻雀 牌譜解析 7月度

paihu7.gif

では、続いて7月の牌譜解析から。先月はサンマ(三人麻雀)もやりつつなのでただでさえ少ない試合数がさらに少ないが勘弁願います。

主要なデータは以下のとおり、

対戦数 34戦
和了率 20,1% 放縦率 12,4% リーチ率 18% 2副露率 14,4% 1副露率 34,5%
一位率 29,3% 二位率 23,5% 三位率 26,5% 四位率 20,6%
平均順位 2,382位 局あたり全収支 174,227点



和了率も放縦率も収支もトップクラスには程遠いデータだ。しかし、先月よりほぼすべてデータが悪化しているにも関わらず、なぜか平均順位は0,06位近く上昇している。なんとも不思議なものだ。

まず和了率がかなり悪い。副露時収支がマイナスな所と放縦時向聴数0,609向聴辺りからも見て取れるが、わたしが副露時はほぼ競り負けていてなんとか面前手が頑張ってくれた感じだ。

そして恐らく、ここまで局あたり全収支が悪いのに平均順位が2,4位を切っていたのはただ単に展開に恵まれていたからだろう。和了素点が高いので、1局高い手を上がってそのまま何とか逃げ切れた試合が何戦かあったのかなぐらいは予想できるが。

さて、8月の目標は試合数50戦の1副露率38%ぐらいに設定しておこうか。

天鳳麻雀 牌譜解析 6月度

paihu6.gif

今年の6月にわたしは天鳳の特上卓で打てる資格を得た。そしてその数日後に課金して牌譜を残しておけば詳細データを見れるソフトが公開された。そこで、この6月の牌譜解析データから当時のわたしの打ち方の問題点を指摘していくので読者の方々の雀力アップに役立てて欲しいと思います。

まず主要なデータは以下のとおり、

対戦数 56戦
和了率 23,8% 放縦率 11% リーチ率 19,1% 2副露率 11,6% 1副露率 31%
一位率 23,2% 二位率 28,6% 三位率 28,6% 四位率 19,6%
平均順位 2,446位 局あたり全収支 514,732点



この数値をざっと見て言える事は和了率と放縦率のバランスが良く局あたり全収支を514,732点取っている割には一位率が低く逆に二位率と三位率が高すぎるので平均順位が悪くなっているという事だ。そして、その主要因はおそらく副露率の低さにある。というのも面前手に頼りすぎて聴牌スピードが欠ける分順位効率が悪くなっているからだと考えられる。

この点はわたしは今でこそ改善させてはいるが、恐らくネット麻雀の東風戦にさらに言えば天鳳の喰いタン・赤ありの東風戦に慣れていない人は副露率が低くなる傾向になると思われる。特に天鳳の特上卓である程度の結果を残そうと思うのなら、少なくとも1副露率が35%はないと厳しい。

というのも、面前志向の打ち手はスピードに欠けるので東風戦で一回も上がれずに3位や仮に上がれたとしても逃げ切れずに2位という着順が増えてしまうからである。そして見事にわたしのこの月の成績はその通りになっている。

結論としては天鳳の特上卓の喰いタン・赤ありの東風戦で勝つためにはだいたい1副露率35%~40%を目指すことだ。天鳳のトッププレイヤーにはだいたい副露がこのぐらいの割合の人が多い。

さて、わたしの牌譜解析のデータに戻ると和了率23,8%の割に和了素点が5911,842点あるのに気付く。これははっきり言ってついてる方だ。寧ろこの成績で平均順位が2,446位しかないのは大いに反省すべき点でやはり副露率の低さからの表右下のトップ死守率の低さ(64,3%)が目に付く。

もう一つ気になる点は放縦率11%で割と健闘しているのに放縦時向聴数が0,839向聴と多少高い点だろうか。これは普通に打てる人なら0,75向聴ぐらいだ。もっともこの数値は早い順目のダマ聴牌に放縦すると高くなるのでこの試合数ではなんとも言えないのだが。

6月の牌譜解析から言える所はこんなところだろうか。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。